• IVS LaunchPad

    IVS LaunchPadはスタートアップの登竜門と呼ばれる新サービスの発表の場です。

    6分間の真剣勝負のプレゼンテーションは登壇者のその後の人生を大きく変えます。

  • IVS LaunchPadとは

    「スタートアップの登竜門」6分間のプレゼンバトル

     毎年2回開催されるInfinity Ventures Summit(IVS)にて、多数の応募の中から審査を経て、約10-14社が登壇し、業界をリードする多くの経営者の方々に審査を頂き順位を争います。

     登壇するだけで多くのメディアに露出され、採用、事業提携、ファイナンスにおいて多大なメリットがあり、入賞すると計数千万円ほどの賞品を手にするチャンスがあります。

     また、審査においてトップクラスのメンタリングを受けられることは、ピッチだけでなく事業のブラッシュアップにも多大なメリットがあります。ぜひ、チャレンジをお待ちしております。

  • 募集要項

    Infinity Ventures Summit 2017 Fall Kanazawa 「IVS LaunchPad」
    開催日: 2017年12月13日(水)

    募集期間

    2017年6月28日~2017年10月31日
     

    (注)審査は順次行います。プレゼン企業数が上限に達した段階で締め切ります。
    第2次選考 : 2017年11月6日(月) - 7日(火) @東京都内
    最終選考 : 2017年11月27日(月) -28日(火) @東京都内

    募集対象

    インターネット、モバイル、ソフトウエア、デジタルコンテンツ、コンシューマーエレクトニクス(ロボット含む)の製品・サービスなどネット・IT全般を対象

    製品・サービスのデモンストレーション可能な製品・サービスであること。

    プレゼン企業数・参加人数

    最大14社

    プレゼンは代表者(経営者や事業部長など)が行う。

    プレゼン形式

    1社6分のデモンストレーション (事前のデモンストレーションのトレーニング/メンタリングを用意しております)

    応募方法

    LaunchPadへの応募は応募フォームのページからお願いします。

    審査プロセス

    1次審査は書類審査。2次審査、最終審査は6分のプレゼンテーションとQ&A/メンタリング(30~60分程度)。

    LaunchPad本番では、著名な経営者らによる審査が行われます。

    評価ポイント

    1. 製品・サービスの新規性/ユニークさ

    2. ビジネスの市場性/将来のスケーラビリティ

    3. プレゼンテーション力/プレゼン構成力

    費用

    応募・審査・参加費に関しては無料。

    宿泊・交通費は各自負担。

  • IVS 2017 Spring Kobe の登壇者プレゼン

    ひきこもりを加速するVRイベントアプリ

    「cluster.(クラスター)」

    自動ネイルプリントサービス

    「INAIL(アイネイル)」

    インターネットを無料にするアプリ

    「タウンWiFi」

    ビザ申請・管理の法人向けサービス

    『one visa(ワンビザ)』

    キャバクラ版Uber

    「LION PROJECT (ライオンプロジェクト)」

    お金の貸し借りのメモアプリ

    「よろペイ」

    賢いスマホブラウザ

    「Smooz (スムーズ)」

    スポーツエンターテイメントアプリ

    「Player!(プレイヤー)」

    VR/MR医療向けサービス

    「HoloEyes VR(ホロアイズVR)」

    視線フリーな音声によるインターネット・ヒアラブル

    「APlay(エープレイ)」

    宿泊予約の権利売買サービス

    「Cansell(キャンセル)」

    社員を人材紹介エージェントに変える、

    OB訪問マッチングサービス「Matcher(マッチャー)」

    日本初のAIヘッドハンティングサービス

    「scouty(スカウティ)」

    クラウド型受付システム

    「RECEPTIONIST(レセプショニスト)」